F1-2.jp(エフワンツー.ジェイピー) F1ファン向けSNS

F1-2.jp

ケータイからも利用できる!アクセス方法はこちら!
ケータイ版紹介クリックボタン F1-2.jpとは?ユーザー登録サイトマップサイト内検索ヘルプ
 
好みの文字サイズに! 標準に戻す
F1-2.jp へようこそ! パスワードを忘れた場合はこちらへ。 ログインID:  パスワード:

F1-2.jp - みんなのニュース
F1に関する最近の話題、気になる話題について一ファンの視点で扱った投稿制情報コラム!みんなも投稿しよう! 困った時はヘルプへ
個別記事ページ

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

F1-2.jp - みんなのニュース

コーナーメニュー

サイトマップへ

みんなでニュースを書いて情報共有!情報量もアップ!

F1-2.jpは携帯電話からでもご覧になれます!詳しくはこちら!

ニュース記事
年 : 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018
月 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 127月の一覧に戻る
日 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

マクラーレン、新型ディフューザの投入を断念。予選、決勝は通常版に戻す

2010年07月10日 18:13:59 (記事:nien
この記事をTwitterでつぶやく
 チームにとってもルイス・ハミルトンにとっても、そしてジェンソン・バトンにとっても母国グランプリとなるイギリスGPの週末を迎えたマクラーレンだが、初日金曜日の取り組みは失敗に終わった。新型ディフューザを投入したものの、良い結果を得られず急ぎ通常版へ戻す作業に取り掛かっている。土曜日、日曜日のセッションでは通常版に戻される。

 新型のディフューザは排気吹き付けタイプのもので、新しいアップデート・パッケージの目玉だった。

 ところがハミルトンもバトンもこのパッケージの操縦性とセットアップの難しさを訴え、僅かな時間で取り外されることになってしまった。バトンは次のように述べている。

「今日のマシンは思っていた以上に難しかったよ。とにかく新しいパッケージではセットアップができなかったんだ。とにかくやるべきことは山積みだ。特にサーキットの何箇所かでドライブしにくくなってしまう。もちろん特定の部分では前進していると思うけど、バランスが悪い」

 マクラーレンは結局、通常の排気管のパッケージへ戻す作業に取り組んだ。新型は今後再び改良が施され、ドイツGPのセッションで投入される見込みだ。
(参考情報:McLaren ditches blown diffuser for now、関連情報:特になし)

このページの先頭へ戻る▲

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

Google
 

ヘルプご利用規約プライバシーポリシー広告掲載について運営者紹介お問い合わせ

Copyright (C) F1-2.jp. All Rights Reserved.