F1-2.jp(エフワンツー.ジェイピー) F1ファン向けSNS

F1-2.jp

ケータイからも利用できる!アクセス方法はこちら!
ケータイ版紹介クリックボタン F1-2.jpとは?ユーザー登録サイトマップサイト内検索ヘルプ
 
好みの文字サイズに! 標準に戻す
F1-2.jp へようこそ! パスワードを忘れた場合はこちらへ。 ログインID:  パスワード:

F1-2.jp - みんなのニュース
F1に関する最近の話題、気になる話題について一ファンの視点で扱った投稿制情報コラム!みんなも投稿しよう! 困った時はヘルプへ
個別記事ページ

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

F1-2.jp - みんなのニュース

コーナーメニュー

サイトマップへ

みんなでニュースを書いて情報共有!情報量もアップ!

F1-2.jpは携帯電話からでもご覧になれます!詳しくはこちら!

ニュース記事
年 : 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
月 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 124月の一覧に戻る
日 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ザウバー、中国GP決勝レースレポート。可夢偉、デ・ラ・ロサ、キー氏のコメント

2010年04月20日 11:59:50 (記事:nien
この記事をTwitterでつぶやく
 ザウバーにとってまたしても不満の残るグランプリ・ウィークになってしまった上海での週末。小林可夢偉、ペドロ・デ・ラ・ロサ共に予選Q2で脱落し、中団グリッドからのスタート。そして不運にも可夢偉はオープニング・ラップでスピンを喫したフォース・インディアのビタントニオ・リウッツィのマシンが飛んできて接触、ダメージを負ってリタイアとなった。デ・ラ・ロサも序盤に4番手まで順位を上げたが、8周目にトラブルでリタイアしている。

 ザウバーにとって序盤の4戦は結果のでないレースが続いているが、ヨーロッパ・グランプリから流れを変えることを期待するしかないだろう。少なくとも信頼性の問題は早期解決が望まれる。

 以下、可夢偉、デ・ラ・ロサ、ジェームズ・キー氏のコメント。

■小林可夢偉
決勝:リタイア(1周目)

「本当に残念です。今日のように難しい路面コンディションはグリッドポジションに関係なく誰にでもチャンスがあるはずだった。今日は必ずポイントが獲れたと思う。スタートはよかったけれども、いくつかコーナーを抜けたあと、ビタントニオ・リウッツィのクルマが飛んできて終わってしまった」

■ペドロ・デ・ラ・ロサ
決勝:リタイア(8周目)

「とても残念だ。僕らのタイヤ選択は正しかったからね。僕はスリックでスタートして、霧雨の中でもトラック上に留まることができた。オーバーテイクもとても楽しかったよ。僕は4位にまでポジションを上げた。何とかフィニッシュしなければならなかったんだ。でも、その最高のチャンスを失ってしまった。何が起きたのかわからないが、エンジンの何かがおかしいと感じてターン9で止めたんだ」

■ジェームス・キー:テクニカルディレクター

「今日のレースは見ていてエキサイティングなレースだったが、我々にとっては非常にフラストレーションがたまるものだった。可夢偉は、彼の背後で起きたアクシデントでコースを横切ってきたクルマに巻き添えになってしまい、彼の責任ではない。ペドロは彼自身がタイヤを選び、チームもそれに従い、素晴らしいレースをしていた。他のクルマがウエットタイヤに履き替えるなか、ドライのソフトタイヤで走り続け、4番手まで順位を上げ、ビタリー・ペトロフと争いながらいいラップタイムで走っていた。リタイアの原因がエンジンの問題なのか車体側の問題なのかは、クルマが戻ってきてから検証することになる。入賞できるチャンスが充分あったが、ものにすることができなかった」
(参考情報:、関連情報:特になし)

このページの先頭へ戻る▲

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

Google
 

ヘルプご利用規約プライバシーポリシー広告掲載について運営者紹介お問い合わせ

Copyright (C) F1-2.jp. All Rights Reserved.