F1-2.jp(エフワンツー.ジェイピー) F1ファン向けSNS

F1-2.jp

ケータイからも利用できる!アクセス方法はこちら!
ケータイ版紹介クリックボタン F1-2.jpとは?ユーザー登録サイトマップサイト内検索ヘルプ
 
好みの文字サイズに! 標準に戻す
F1-2.jp へようこそ! パスワードを忘れた場合はこちらへ。 ログインID:  パスワード:

F1-2.jp - みんなのニュース
F1に関する最近の話題、気になる話題について一ファンの視点で扱った投稿制情報コラム!みんなも投稿しよう! 困った時はヘルプへ
個別記事ページ

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

F1-2.jp - みんなのニュース

コーナーメニュー

サイトマップへ

みんなでニュースを書いて情報共有!情報量もアップ!

F1-2.jpは携帯電話からでもご覧になれます!詳しくはこちら!

ニュース記事
年 : 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020
月 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 124月の一覧に戻る
日 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ブリヂストン、中国GP公式予選レポート

2010年04月17日 22:00:23 (記事:nien
この記事をTwitterでつぶやく
 中国GPの公式予選はまたしてもレッドブル勢の素晴らしいペースが目立つセッションになった。4戦連続ポール・ポジションを獲得したレッドブル。そしてセバスチャン・ベッテルはブリヂストンのソフト・コンパウンドを使って1分34秒558のタイムを記録、自身今シーズン3度目のポールとなった。

ベッテルは若干のミスをしたものの同僚のマーク・ウェバーを上回る素晴らしいパフォーマンスだった。翌日の決勝レースでは序盤の第一スティントでソフトタイヤをどこまでコントロールして使えるか、また、その後のハードタイヤでどこまでのペースを発揮できるかが鍵になりそうだ。

 ブリヂストンの浜島氏はプレスリリースの中で次のように述べている。

■浜島裕英:(株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェローとのQ&A

−今日の走行のポイントを教えて下さい。

「非常に興味深い予選でした。ソフト・コンパウンドをうまくマネージして、とても賢明にポールポジション獲得を果たしたセバスチャン・ベッテル選手にお祝いを申し上げます。今日、速い予選ラップを記録するには、ソフト・コンパウンドを痛めずに第1セクターを走り、第2、第3セクターでプッシュするというのがカギでした。第1セクターでプッシュしすぎると、残りのふたつのセクターで同じようなリヤ・タイヤの安定性を得られませんでした」

−明日のレースではどのような戦略が考えられますか?

「ドライになると仮定すると、トップ10の選手の全員がソフト・コンパウンドでスタートすることになります。タイヤの性能のみを考慮すると、20周目ぐらいから1回目のピットインが始まるはずです。しかし、タイヤのマネージメントを通して、ドライバーはタイヤをもっと長く持たせることもできます。誰がどのようなアプローチを選択するかが楽しみです。ルーベンス・バリチェロ選手がスタート時のタイヤを選択できる最上位ポジションにつけているドライバーですので、彼の選択にも注目したいと思います。雨を予測する天気予報も多いですが、マレーシアで経験した通り、天気予報が絶対とは限りません」
(参考情報:ブリヂストン、関連情報:特になし)

このページの先頭へ戻る▲

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

Google
 

ヘルプご利用規約プライバシーポリシー広告掲載について運営者紹介お問い合わせ

Copyright (C) F1-2.jp. All Rights Reserved.