F1-2.jp(エフワンツー.ジェイピー) F1ファン向けSNS

F1-2.jp

ケータイからも利用できる!アクセス方法はこちら!
ケータイ版紹介クリックボタン F1-2.jpとは?ユーザー登録サイトマップサイト内検索ヘルプ
 
好みの文字サイズに! 標準に戻す
F1-2.jp へようこそ! パスワードを忘れた場合はこちらへ。 ログインID:  パスワード:

F1-2.jp - みんなのニュース
F1に関する最近の話題、気になる話題について一ファンの視点で扱った投稿制情報コラム!みんなも投稿しよう! 困った時はヘルプへ
個別記事ページ

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

F1-2.jp - みんなのニュース

コーナーメニュー

サイトマップへ

みんなでニュースを書いて情報共有!情報量もアップ!

F1-2.jpは携帯電話からでもご覧になれます!詳しくはこちら!

ニュース記事
年 : 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
月 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 124月の一覧に戻る
日 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2010年第3戦マレーシアGP公式予選(2010年4月3日)

2010年04月03日 20:08:27 (記事:nien
この記事をTwitterでつぶやく
 3日午後、マレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで2010年シーズン第3戦マレーシアGPの公式予選が行われた。3回のフリー走行は全てドライコンディションだったのに対して予選では天候悪化によって大荒れになった。Q1セッション直前から雨が降り出し、この影響でフェラーリの2台とハミルトンがQ1で脱落する波乱が発生。最終的にポール・ポジションを獲得したのはマーク・ウェバー。2番手にロズベルグ、3番手にベッテルと続いた。また、ザウバーの小林可夢偉は初のQ3進出を果たし、9番手につけた。

 セッション開始時の気温は30℃、路面温度30℃、路面コンディションはウェット。

 Q1では序盤にアタックしたドライバーが幸運に恵まれる形になった。雨が徐々に強くなっていったためだ。開始時は雨が降り始めて5分ほどしか経っていなかったため、水たまりも少ない状態。序盤はインターミディエイト・タイヤでアタックできた。この時点でザウバー、フォース・インディア、トロ・ロッソら中堅チームはタイムシートの上位につけた。一方、フェラーリ、マクラーレンは様子見を決め込み、序盤はガレージに留まる。

 開始から7分が経過した頃、ようやくマクラーレンやフェラーリ勢がトラックに入るが、この時点ではもはや雨が強くなり始めており、コンディションは厳しくなっていた。その影響でタイムを上げることができず、アロンソ、マッサ、ハミルトンはQ1で脱落する羽目になった。バトンは唯一Q1突破タイムを出していたが、セッション後半にコースアウトを喫した影響で17番手となった。

 続くQ2では一旦雨が上がったが、路面は依然としてウェット。

 フルウェットタイヤを履くマシンが多いが、中にはインターミディエイトを試すドライバーも出た。序盤こそフルウェットの方が適したコンディションだったが、徐々にインターミディエイトのほうが良い状況になり、ペトロフらがタイムシートの上位に顔を出し始める。残り5分になった頃には完全にインターミディエイトに適したコンディションとなり、多くのドライバーが続く。最終的にQ2トップにベッテル、2番手以降にクビサ、スーティル、ヒュルケンベルグ、ロズベルグ、可夢偉、ウェバー、リウッツィ、バリチェロ、シューマッハとなった。

 そして迎えたQ3。相変わらずの雨だ。

 あまりにも雨が強くなってきたため、セッション開始から2分43秒で赤旗中断となった。残り時間は7分17秒だ。10分以上の中断の後、なんとかセッション再開となるも、依然としてコンディションは良くない。その中でフォース・インディアのスーティルの威勢がいい。雨のスーティル健在だ。また、クビサ、ヒュルケンベルグらも素晴らしいペースを見せ、上位をうかがう。

 最終的には自力に勝るレッドブルのウェバーがポール、ベッテルが3番手につけた。2番手にはロズベルグ、4番手にスーティル、以下ヒュルケンベルグ、クビサと続く。可夢偉は9番手となり、入賞圏内からのスタートとなる。

 以下、タイムシート。タイムの並びはQ1-Q2-Q3の順。

1位:マーク・ウェバー(レッドブル)1:51.886 - 1:48.210 - 1:49.327(18周)
2位:ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)1:52.560 - 1:47.417 - 1:50.673(22周)
3位:セバスチャン・ベッテル(レッドブル)1:47.632 - 1:46.828 - 1:50.789(19周)
4位:エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)1:49.479 - 1:47.085 - 1:50.914(21周)
5位:ニコ・ヒュルケンベルグ(ウィリアムズ)1:49.664 - 1:47.346 - 1:51.001(22周)
6位:ロバート・クビサ(ルノー)1:46.283 1:46.951 - 1:51.051(19周)
7位:ルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)1:50.301 - 1:48.371 - 1:51.511(21周)
8位:ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)1:52.239 - 1:48.400 - 1:51.717(24周)
9位:小林可夢偉(BMWザウバー)1:48.467 - 1:47.792 - 1:51.767(21周)
10位:ビタントニオ・リウッツィ(フォース・インディア)1:49.922 - 1:48.238 - 1:52.254(21周)
11位:ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)1:47.952 - 1:48.760(15周)
12位:ペドロ・デ・ラ・ロサ(BMWザウバー)1:47.153 - 1:48.771(14周)
13位:セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)1:48.945 - 1:49.207(15周)
14位:ハイメ・アルグエルスアリ(トロ・ロッソ)1:48.655 - 1:49.464(16周)
15位:ヘイッキ・コバライネン(ロータス)1:52.875 - 1:52.270(16周)
16位:ティモ・グロック(ヴァージン)1:52.398 - 1:52.520(13周)
17位:ジェンソン・バトン(マクラーレン)1:52.211 - 計測タイムなし(3周)
18位:ヤルノ・トゥルーリ(ロータス)1:52.884(6周)
19位:フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)1:53.044(8周)
20位:ルイス・ハミルトン(マクラーレン)1:53.050(8周)
21位:フェリペ・マッサ(フェラーリ)1:53.283(7周)
22位:カルン・チャンドック(HRT)1:56.299(9周)
23位:ブルーノ・セナ(HRT)1:57.269(9周)
24位:ルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)1:59.977(4周)
(参考情報:、関連情報:特になし)

このページの先頭へ戻る▲

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

Google
 

ヘルプご利用規約プライバシーポリシー広告掲載について運営者紹介お問い合わせ

Copyright (C) F1-2.jp. All Rights Reserved.