F1-2.jp(エフワンツー.ジェイピー) F1ファン向けSNS

F1-2.jp

ケータイからも利用できる!アクセス方法はこちら!
ケータイ版紹介クリックボタン F1-2.jpとは?ユーザー登録サイトマップサイト内検索ヘルプ
 
好みの文字サイズに! 標準に戻す
F1-2.jp へようこそ! パスワードを忘れた場合はこちらへ。 ログインID:  パスワード:

F1-2.jp - みんなのニュース
F1に関する最近の話題、気になる話題について一ファンの視点で扱った投稿制情報コラム!みんなも投稿しよう! 困った時はヘルプへ
個別記事ページ

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

F1-2.jp - みんなのニュース

コーナーメニュー

サイトマップへ

みんなでニュースを書いて情報共有!情報量もアップ!

F1-2.jpは携帯電話からでもご覧になれます!詳しくはこちら!

ニュース記事
年 : 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
月 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 124月の一覧に戻る
日 : 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ミシュラン、F1復帰にあたり条件を提案。サイズのインチアップを要求

2010年04月03日 17:09:07 (記事:nien
この記事をTwitterでつぶやく
 ブリヂストンの今シーズン限りでのF1撤退のよりF1界は来シーズン以降のタイヤ・サプライヤー探しに取り組んでいるが、目下の所フランスのミシュランが最有力候補とみられている。しかし、ミシュランは以前から復帰を考慮するためにはいくつかの条件が必要としていた。彼らは燃費性能へのタイヤの寄与の証明や環境問題へのアピールが重要と考え、以前のブリヂストンとのタイヤ戦争時代とは異なる姿勢を示している。さらに彼らはタイヤのインチアップも要求しているようだ。
 2日、マレーシアGPの会場ではFOM会長バーニー・エクレストン氏とチーム代表らが会議を開催。主な議題はブリヂストンの撤退に関することだった。

 当初は関係者の多くがブリヂストンの慰留を第一に考えていたとされているが、ブリヂストンの意思は固くみえる。そのため、同時に後任探しも重要だ。これまでの噂ではミシュラン、韓国のハンコック、クムホらも2011年からのタイヤ供給に関心を示しているとされていたが、実績を考慮すると現実的にはミシュランしかない。

 状況的にはミシュラン側が優位な立場におり、F1側はお願いする立場になるだろう。

 そのためか、ミシュラン側はタイヤの規格変更までをも要求している。彼らはミシュランのモータースポーツ部門全体での相乗効果を高めるためにタイヤのインチサイズを現行の13インチから18インチに上げたい、としている。ホイールリムのサイズが5インチアップすることでタイヤのサイドウォールはかなり薄くなってしまうので、F1マシンの印象も大きく変わるだろう。しかし、ミシュランとしてはこの技術を他のモータースポーツで共有しやすくなるという。

 ミシュラン側の要求は自然で納得できるものだが、少なくとも2日のエクレストン氏、チーム代表会議では全員一致での承認とはならなかったようだ。
(参考情報:Michelin wants tyre dimension changes for 2011 return、関連情報:特になし)

このページの先頭へ戻る▲

F1-2.jp ホーム > 情報 > みんなのニュース

Google
 

ヘルプご利用規約プライバシーポリシー広告掲載について運営者紹介お問い合わせ

Copyright (C) F1-2.jp. All Rights Reserved.